ホメオパシー - 名古屋市緑区セラピールーム ナチュラル・ハピネス 日本ホメオパシーセンター名古屋緑徳重-

logo.jpg


homoeo_01.jpghomoeo_01.jpg

homoeo_02.jpghomoeo_02.jpg

homoeo_03.jpghomoeo_03.jpg

homoeo_QX.jpghomoeo_QX.jpg

homoeo_04.jpghomoeo_04.jpg


menu_02.jpg











line.gif

home_about.jpg

home_about_02.jpg

日本語では「同種療法」と訳され 簡単に言えば「似たようなものが似たものを癒す」という感じです。
私が小さかった頃、熱を出すと祖母が布団をたくさんかぶせて、また温かい飲みものをくれたりして体を温めどんどん汗を出すようにしてくれました。

まさに、これが同種療法です。
「熱には熱を加える」ことにより、熱で熱を押し出そうとするのです。

他にも風邪をひいたら、ネギを首に巻くとか
日本には昔からこのような同種療法がたくさんありました。


home_about_03.jpg

ホメオパシーでは「レメディー」という砂糖玉を使います。
レメディーは様々な作用を持つ植物や鉱物など、元の物質がなくなるまで薄める「希釈、振盪」という特別な方法によって作られます。

そして似たような作用のあるレメディーを摂ることで症状を押し出し、癒していく療法のことです。(症状を出し切るとは・・・クリック!

例えば、玉ねぎから作ったレメディーがあるのですが玉ねぎを切ると、涙がでて鼻がムズムズしますよね。
同種の考えで、花粉症の時に使います。
ムズムズをムズムズで追い出すのです。

また東洋医学にも似たところがあり西洋の漢方というイメージをもたれるといいかもしれません。

物質的な副作用の心配がないので赤ちゃんや妊婦さんにも安心して使える自然療法です。


home_about_04.jpg

同種療法の考え方の歴史は古く古代ギリシャの医聖ヒポクラテスが「同じようなものが同じようなものを治す」という言葉を残しています。
その後は対症療法が一般に普及し、同種療法は民間療法などにより受け継がれていきました。

そして約200年前、ドイツの医師サミュエル・ハーネマンがキナという植物の樹皮を健康な人が食べるとマラリアに似た症状になり、マラリアに似た症状の人に食べさせると良くなるということを発見しました。

そして様々な臨床を重ね「同種の法則」を再発見し、体系的に作り上げ、「ホメオパシー」と名づけました。

現在では、日本ではまだ聞き慣れませんが海外では広く浸透していて、医療保険の適用を認めている国もあります。
特に欧州やインドなどでは、大変普及しており普通の薬局などでもレメディーが簡単に手に入ります。
英国王室では、主治医がホメオパシー療法家であるということは有名です。

日本でも今後、代替療法として鍼灸や指圧、整体、アーユルヴェーダ、アロマセラピー、食事療法、心理療法・・・などと同じように、一般的に普及されていくと思われます。


ページの先頭へ

line.gif

animal.jpg

最近ではペットのことを「コンパニオンアニマル」と呼び、生活して行く上での伴侶となり より密接な関係を人間と持っている動物が増えています。
彼らも人間と同じように生活環境の影響を受けやすく、食生活やストレスにも敏感です。
またより人間に近い生活の中で、様々な症状を持っている子も増えています。

ホメオパシーのレメディーは人間だけでなく、動物にもとてもやさしく働きかけます。
副作用がないため、安心してお使いいただけます。
大切な家族の一員であるペットの健康維持の手段として、ホメオパシーを選ばれてはいかがでしょうか。

私がホメオパシーに出会ったのは、愛犬の癌がきっかけでした。
藁にもすがる思いで、半信半疑のまま相談会を受けましたが
レメディーを摂っていくうちに、愛犬の変化がたくさんあり本当にびっくりしました。
愛犬は最期まで犬らしく生き、そして私にもたくさんの気づきを与えてくれました。
この体験があって私はホメオパスになる決心をしました。

動物は人間よりも自然に近い存在なので、ホメオパシーの効力は高いです。
いつも私たち人間を癒してくれるペットたちに、ホメオパシーの恩恵が与えられることを願ってやみません。

アニマルホメオパシーの健康相談では、動物たちの声なき声にホメオパスが耳を傾け、レメディーをーを選択します。
ペットの体の不調、問題行動や迷惑行動でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

※動物健康相談にはペットをお連れいただける場合は、ぜひお連れください。


happyandofuku.jpg
▲ ナチュラル・ハピネスの看板犬ハッピー & 看板猫 ふくちゃん

ページの先頭へ

line.gif


kennkou.jpg

kenkou_02.jpg

心や体のお悩みをご相談いただき、あなたの状態にあったレメディーをホメオパスがお選びいたします。
対面、電話、スカイプ、メール、FAX相談からお選びください。


☆ QX-SCIO導入しています → QX-SCIOとは

☆ よりよい相談会にするためには、ホメオパスとクライアントさんの
  信頼関係がとても大切になります。
  どんなホメオパスなの?と気になる方や、相談会を迷われている方は
  お気軽にお問い合わせくださいね。
  簡単なことでしたらメールや電話、お茶会の時などにアドバイスさせていただきます。   

  またクライアントさんのことをよく知り、理解することが
  レメディー選択の鍵になります。
  初回はできるだけ直接お会いできたらと思います。
  2回目以降は電話やスカイプ、メール、FAX相談なども可能です。

☆ 相談会の時間は目安ですので、余裕をもってお越しください。





kenkou_03.jpg

  • price_01.jpg



kenkou_04.jpg

  • price_02.jpg
  • ※子ども1人(または動物1匹)追加ごとにプラス7000円
  • ※こちらは一緒にお申込みいただければ、相談会は別の日でも大丈夫です


  • 3回分チケット
  • 大人    27000円
  • 子ども   21000円
  • 動 物   21000円


  • QX-SCIOセッションのみ
  • 大人、子ども、動物    5000円  60分


  • ※子どもは高校生以下になります。
  • ※初回はお時間が多少余分にかかる場合がございます。
  • ※対面、電話、スカイプ、メール、FAX相談でも同料金です。

ページの先頭へ


kenkou_soudan.jpg

【Step1】 ホメオパシーについて正しく理解する[詳 細]

  • ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【Step1】 とらのこ会に入会申し込みをする [詳 細]

  • ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【Step3】 予約を取る [詳 細]

  • ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【Step4】 質問票と同意書に必要事項を記入する [詳 細]

  • ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【Step5】 健康相談を受ける [詳 細]

  • ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【Step6】 健康相談会でレメディー適用書を受け取り販売店でレメディーを購入する [詳 細]

  • ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【Step7】 レメディーをとる [詳 細]

ページの先頭へ


step_1.jpg

ホメオパシーでは、どのような過程を経て症状が改善していくのでしょうか。
健康相談を受ける前に、まずはホメオパシーの治癒の考え方を見ていきましょう。

■ 病状は体の浄化作用
ホメオパシーでは、心や体に何らかのゆがみや不調和が生じると、人は病気になると考えます。
病気の症状は体の浄化作用であり、症状を出し切る(排出する)ことによって治癒へと導くというのがホメオパシーの考え方です。

■ 好転反応は自然治癒力が働き出したサイン
レメディーをとりはじめると、今まで抑えてきた症状が出てきて、一時的に症状が悪化したような状態になることがあります。これを好転反応と呼びます。

好転反応にはいろいろな種類があります。肉体面であれば、熱や発疹、下痢などが挙げられます。その他には、トイレが近くなったり、体がだるくなったり、非常に眠くなったりすることがあります。

精神面では、感情の噴き出しが起こることがあります。泣いたり、怒ったり、悲しんだり、落ち込んだり。今まで見なかったような夢を見るようになる場合もあります。

また、人によっては、以前かかった症状や感情が戻ってくることがあります。例えば、熱を薬で抑えたり、悲しい気持ちを我慢したことがあると、その時の状態が戻ってくるのです。

好転反応は個人差があり、出る方もいれば出ない方もいます。

ホメオパシーに限らず、鍼灸や整体、リフレクソロジーなど、自然治癒力に働きかける療法を受けると好転反応が出ることがあります。人間には本来、自分の中のゆがみや不調和を外に出す力が備わっています。 好転反応は、自然治癒力が発動しはじめ、その人が本来あるべき健康な姿へと向かっているというサインなのです。

■ ホメオパシーによる治癒の過程を正しく理解するための講演会
好転反応について正しく理解せずにホメオパシーを始めると、好転反応をレメディーによる症状の悪化と勘違いしてしまい、レメディーをとることを止めてしまう場合があります。

それを避けるため、当センターではホメオパシーによる治癒の過程を正しく理解していただくために、健康相談をご希望の方には事前にホメオパシーの講演会、勉強会への参加をお勧めしています。
講演会に行く時間がとれない場合は、約二時間の講演会DVDをお貸しすることも可能ですので、ご希望の方はお申し出ください。

ページの先頭へ

step_2.jpg

当センターではホメオパシーとらのこ会の会員特典として健康相談を実施しております。健康相談をご希望の方には、よりホメオパシーへの理解を深めていただくためにも、事前にとらのこ会への入会をお願いしております。

ホメオパシーの基本的な考えをご理解いただいている方であれば、どなたでもご入会いただけます。

ホメオパシーとらのこ会は、ホメオパシーを通して自分や家族の健康を守ることの大切さを学び、自己治癒力や自分自身への信頼を取り戻すことを目的としており、1997年の発足以来、現在までに家族会員を含め3万人もの方が入会されています。

人が本来持っている自然治癒力を取り戻し、人生を活力に満ち溢れたものへと導いてくれるホメオパシー、その体験と理解を深めるために「とらのこ会」を是非ご活用ください。

とらのこ会入会お申込はこちら

会員の種別は、正会員、ネットワーク会員の二通りがあります。それぞれの特徴は以下をご覧ください。

会員種別   正会員    ネットワーク会員
会費(年間) 2,000円   1,000円

会報 年4回とらのこ会会報誌「オアシス」にてホメオパシー最新情報をお届けします。 インターネット上からとらのこ会会報をダウンロードしてご覧いただきます。
家族会員について ・正会員様、ネットワーク会員様と同居のご家族の方は家族会員様としてご登録いただけます。(会費無料)家族会員様はとらのこ会の会員特典が受けられます。
会員特典 ・日本全国の日本ホメオパシーセンターで行われるホメオパシー健康相談を受けることができます。

○とらのこ会主催、JPHMA主催、カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHhom)主催のホメオパシー講演会に会員価格で参加することができます。(割引率は講演会の種類によって異なります)

○正会員・ネットワーク会員の方には会報「オアシス」を年4回お届けします。(ネットワーク会員の方はインターネット上からダウンロードしていただきます)

○とらのこ会員様向け限定商品をご購入いただけます。

ページの先頭へ

step_3.jpg

健康相談を受けることを決めたら、お電話にてご予約ください。


step_4.jpg

ホメオパシー健康相談を初めてご予約いただく場合は、質問票と同意書をお送りします。

質問票と同意書に必要事項をご記入の上、初回の健康相談の際にお持ちください。

■ 質問票とは
質問票には今困っている症状や今までの病歴、ご自身の性格や好みなどをお書きいただきます。これらを健康相談の場でお伺いすることも可能ですが、「生まれたときの母親の精神状態」など、その場でお答えいただくのが難しい質問事項もありますので、事前に質問票に記入し、初回の健康相談の際にお持ちいただくよう皆様にお願いしています。質問票をお書きいただくことにより、初診時からその方に必要なレメディーをお選びすることができます。

■ 同意書とは
同意書には、お客様自身がホメオパシー療法について充分理解した上で、ホメオパシー健康相談を受けるということが記載されています。記載内容をご確認いただき、ご同意いただけましたらご署名・ご捺印の上ご提出ください。
なお、健康相談を受ける方が未成年やご自身での判断が困難な場合、また、ご自身でのケアが難しい場合は、保護者の方やご家族の方のご署名・ご捺印した同意書のご提出が必要となります。また、動物相談の場合は、飼い主の方のご署名・ご捺印した同意書のご提出が必要となります。詳しくは各センターへお問い合わせください。

ページの先頭へ

step_5.jpg

健康相談は担当ホメオパスとの1対1の面談形式で行われます。相談時間は約一時間で、その方にあったレメディーをホメオパスがお選びいたします。

■ 初めて健康相談を受ける時に提出するもの
初めて健康相談を受けられる場合、まずセンターにお越しになりましたら、「同意書」をご提出ください。


step_6.jpg

健康相談が終わったら、選択されたレメディー等を記載した「レメディー適用書」をお渡ししますので、レメディー販売店にてお買い求めください。お帰りの際に、次回の健康相談をご予約ください。健康相談は一カ月に一回が目安となります。


step_7.jpg

次回の健康相談までの間、ホメオパスがお選びしたレメディーをおとりください。

■ 好転反応にはレメディー家庭用キットで対応
ほとんどの好転反応はホメオパシー家庭用キットで対応できるため、相談会にかかられる方にはホメオパシー家庭用キットのご購入をお勧めしています。ホメオパシー家庭用キットには、急性症状に対応できるレメディーが入っています。

キットの中から今出ている症状にあったレメディーを選んでおとりください。

■ 好転反応が治まらない場合には
好転反応が治まらなかったり、ひどく出てお困りの場合はご相談ください。途中相談も承ります。

ページの先頭へ

line.gif


home_QX.jpg


QX-SCIOは、他に類をみない世界最先端のエネルギー測定修正システム、療法関連における世界最高峰のソフトウェアです。 量子電磁力学、生物物理学を駆使し、ホメオパシー理論をベースに開発されたものです。

9000以上の様々な問題(心、感情、精神、遺伝子、臓器、病原体、等々)に対して被験者がどのような生理的反応を示すかを、電気的反応パターンの測定によって明らかにします。

抵抗だけを、しかも秒単位で測定する従来の波動機器とは全く異なり、QXは電流・電圧・抵抗という3次元的な電気的反応を、ミリ秒単位で測定することができる、これまでにないシステムとなっています。更に、完全な乱数を実現する3進法プログラムによりプログラムの動作に意識を介することを可能にした、世界に類をみない波動機器です。


QX_img.jpg
▲ QX-SCIO


■ QX-SCIOの主要原理

生体の営みのうち、顕在意識で認識されるものはごくごくわずかであり、生体の営みの大部分を占める潜在意識の活動は、普段は認識されることはありません。

QX-SCIOは、生体に微弱な特定の電磁気的影響を与え、それに対する反応(バイオフィードバック)を測定することで、潜在意識の活動を明らかにしようと試みます。

QX-SCIOには、様々な人々に対する測定結果があらかじめ登録されており、その結果と被験者に対する測定結果を比較することで、被験者の状態を推測します。

更には被験者の測定結果が健常者の測定結果に近づくように、被験者に対して電磁気的影響を与え、電磁気的なエネルギー状態の調整を行います。


■ 開発者の紹介

弱冠18歳でアポロ13号帰還の立役者となった天才科学者ビルネルソン(ウィリアムネルソン)博士(由井学長恩師)は1951年、米国オハイオ州生まれ。
18歳のときにNASA(米国航空宇宙局)のアポロプロジェクトに参加し、アポロ13号が地球に帰還する際に、軌道修正を行うためのナビゲーションシステムの計算を正確にやってのけたという輝かしい功績を残しています。

その後、優秀な科学者として将来を期待されながらも、武器作りなどの軍事プロジェクトに参加することを拒み、心理学の分野に進みます。ヤングスタン州立大学でカウンセリングのマスターを修得したあと、米国内の5つの大学で、医学・数学・心理学・量子力学・海洋学・国際法を修得し、現在はハンガリーでホメオパシーのクリニックを開業しています。


■ QX-SCIO開発の経緯

ビルネルソン博士は、人体の電磁気的な状態を測定することを思い立ち、調査を試みることになります。

その結果、生体の営みと電磁気的な状態は非常に密接なつながりがあることを知り、生体の営みを何とか捉えることはできないものかと試行錯誤をした末、QX-SCIOの完成に至りました。



ページの先頭へ

line.gif


QX.jpg


QX-SCIOセッションでは、QX-SCIOを利用し、生体のエネルギーの状態の測定や修正を試みます。

特に、会話のできない赤ちゃんやペット、あるいは意思疎通の難しい精神疾患の方、自閉症・多動児などにもご利用いただくことができますので、是非一度お試しください。


QX-SCIOセッションはバーチャルモード(遠隔)でもできます。
直接お越しになれない場合でも、ご自宅にいたままでセッションができます。
その場合は、セッション後に電話、メール、FAXなどでレポートいたします。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

  • price.jpg
  • 大人、子ども、動物    5000円  60分

  • ※対面、バーチャルモードでも同料金です。

ページの先頭へ

line.gif

kinsenka.jpgナチュラル・ハピネス(日本ホメオパシーセンター名古屋緑徳重)はCHhomショップ取扱所です。

  • CHhomショップのリンク →


home_img.jpg

ホメオパシーのスキンケア用品なども取り扱っております。

ページの先頭へ

line.gif

ナチュラル・ハピネス  〒458-0812 名古屋市緑区神の倉1-112 TEL 080-5159-3800  E-mail happiness@mc.ccnw.ne.jp
line.gif